電子書籍のメリット

電子書籍のメリット

日本における電子書籍のビジネスは、2011年度の電子書籍市場規模は629 億円程度ですが、2014年には1050億円と増加傾向にあり、2017年には1910億円規模の市場へと成長することが見込まれています。

電子書籍には、紙の書籍にはない数々のメリットがあります。

まず、紙の書籍だと、書店とかネットで購入しなければなりませんが、電子書籍だと、いつでも、どこでも、欲しい本が読みたい時に手に入ることです。

旅先で読む、空き時間ができたので読むなど、好きな時に好きな場所で検索して入手することが出来ます。

読書する際も、便利な機能が付いておりとても便利です。例えば、文字のサイズを自由に変更できるので読みやすくなり、また、分からない単語や文字があれば辞書機能で検索したりなど、快適に読書が出来ます。

さらに、シリーズものなら、続巻の発売を知らせしてくれるので、読書の幅が広がります。

全てが電子データで記録されているため、本箱や本を置く場所が必要なくなりますし、電子書籍は何冊あっても、重さは変わらないため持ち歩きに便利です。

それに、印刷した本を輸送する必要がなく、また、紙やインキ、その他の資材を使用しないことから、環境という観点でも優れております。


 

サイトマップ