×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子役タレントになる方法

子役タレントになる方法

一見華やかに見える芸能界は、浮き沈みの激しい非常に厳しい世界ですから、いくら本人や周りの家族が子役タレントになる、あるいはすると意気込んでも、そう簡単になれるものではありません。

子役タレントになるためには、大きく分けて次の3つの方法があります。

■芸能事務所や作品ごとのオーディションを受けて合格する。
ただし、一般公募によるオーディションは、基本的には行っていないというのが実情です。

■タレント養成学校などで勉強してから芸能事務所に所属する。
養成学校に通うには入学金やレッスン料が必要ですので、習い事の一つとして捉えることも出来ます。
子供をテレビCMに出演させたいのであれば、専門のスクールや劇団のオーディションに合格し、演技指導など受けながらチャンスを待たなければなりません。
テレビCMは企業のイメージアップのために多額の費用をかけるので、演技への要求レベルもそれだけ高くなります。
このため、必然的に、スクールや劇団で必要なことを学んでいる子役タレントが対象となるからです。
具体的にあこがれの子役タレントがいるのであれば、その子が所属する事務所に入るのも一つの方法でしょう。

■スカウト
スカウトされるためには、運の良し悪しが大きく左右されるので可能性はかなり低く、特に、地方の方だとチャンスは殆どありません。

このため、子役タレントになるためには、オーディションを受けるとか、養成学校に所属することが確実だということになります。

子役の寿命は短く、子役の段階でやめる人が殆どです。その理由は色々ありますが、芸能界は一般の俳優と子役が明確に分かれているため、大人になる時に、子役事務所のままでは仕事がなくなることがあるからです。

また、子供のやる気だけでなく、親の姿勢も同時に試されます。保護者が現場に付き添うだけでなく、時間的にも金銭的にも子供への援助が必要となるからです。ですから、親もかなりの覚悟をもって臨まなければなりません。


 

サイトマップ